地盤改良・地盤沈下修正|春秋産業 > 測量サービス~被害を受ける前に~

測量サービスについて

測量サービス

地盤改良技術センターでは測量サービスをご提供しています。建物や土地の状態を数値により客観的に把握できますので、「不同沈下がどのくらい起こっているのか知りたい」「液状化が起こっていないか知りたい」という場合にはぜひ測量サービスをご検討ください。

お宅の地盤を無料で診断!「無料レーザー診断」

お宅の地盤を無料で診断!「無料レーザー診断」

当センターでは、お客様のお宅の地盤を無料で診断する「無料レーザー診断※」を行っています。お客様のお住まいの地域の地盤を把握したうえで、レーザーを土地のあらゆるポイントに照射してミリ単位で測量。レーザーを用いることで、建物外周だけでなく建物が建っているところの地盤の状態も測ることができ、より精密な診断が可能になります。診断時間はおおよそ25分です。
(※まだ地盤改良工事をされていないお客様が無料診断の対象となります。)

レーザーの測定ポイント例

くまなく精密に測定することで、正確な診断と工事が可能になります。

報告書にまとめて診断結果をお知らせします

測量後、お客様のご自宅の傾き度合いを報告書にまとめてお渡しします。そのうえで、地盤改修をされるかどうか、お客様にご検討いただきます。スタッフがアドバイスをさせていただくことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

より高精度の地盤診断をご利用ください

お住まいのエリアによって軟弱地盤の深度が異なることをご存知でしょうか? たとえば、以下のようなエリアでは軟弱地盤の深度が4mも異なる場合があるのです。

より高精度の地盤診断をご利用ください

お住まいのエリアの地盤の特徴をとらえたうえで精密に測量できる、レーザー診断が非常に有効です。地盤改修をお考えの方、再沈下の心配をされている方は、ぜひ一度当センターにご相談ください。

春秋産業へのお問い合わせはこちら

  • 03-6452-9121 090-8500-8000
  • 24時間受付! メールでのお問い合わせはこちらから
  • skypeをご利用の方 表示名:amadeusjapan

隣家の沈下修正工事の際に

隣家が沈下修正工事を行う際に起こるよくあるトラブルが「隣家の工事の影響が自邸にもおよんでしまう」こと。たとえば、隣家がグラウト注入工法による工事を行った場合、薬液の量や注入方向を誤ると薬液が流れ込み、家が持ち上がってしまうというトラブルが起こります。

その場合、隣家が依頼した工事業者に原状回復を依頼しても「元の状態がどうなっていたかわからない」という理由で原状回復を拒否されることがあります。トラブル発覚の際に、きちんと家主様の正当性を主張し工事業者の責任を追求できるよう、測量を行うことをおすすめします。

隣家が工事を行う際に測量を行うことで、地盤に変化がないかをモニタリングでき、万一工事中にトラブルが起こった場合にも証拠として提示することができます。

測量方法 概要 料金
レーザー測量(水平なレーザー線を測定箇所にあて、スケールで床面からの距離を測定する方法) 隣家の工事開始日から終了日まで実施 1日3万円~

周囲の家が傾いている場合に

周囲の家が傾いている場合、同じ地形・地質である可能性が高い家主様の家も、今後傾いてしまう恐れがあります。また、実際は傾いているけれど、まだ体感するほどの傾きでない場合もあります。家の傾きは頭痛・吐き気など健康に影響を及ぼすこともありますので、土地の状態を客観的に把握できる測量をおすすめします。

測量方法 概要 料金
レーザー測量(水平なレーザー線を測定箇所にあて、スケールで床面からの距離を測定する方法) 1日間 1日3万円~

春秋産業へのお問い合わせはこちら

  • 03-6452-9121 090-8500-8000
  • 24時間受付! メールでのお問い合わせはこちらから
  • skypeをご利用の方 表示名:amadeusjapan

このページの先頭へ