地盤改良・地盤沈下修正|春秋産業 TOP > 安心の10年間地盤保証

安心の10年間地盤保証

株式会社春秋産業では、地盤改良工事後の自社での10年間無償保証にプラスして、ハウスワランティによる第三者機関のダブルの保証をご用意。地盤保証システムや液状化特約、ソーラーパネル地盤保証システムなど充実の保証体制を整えています。

第三者機関による地盤保証システム

第三者機関による地盤保証システム

春秋産業が請け負う施工は、自社保証のほかにハウスワランティによる第三者機関のバックアップ体制も充実。建築基準法に準じた地盤調査の結果を客観的な視点で評価し、適切な基礎仕様をご提案します。また、不同沈下に対しては、最高5,000万円、最長20年間、免責金額0円で保証いたします。

地盤保証システムの基本的な流れ

株式会社春秋産業が提携するハウスワランティでは、第三者的な立場での調査を入れることでお施主様の財産を守り、地盤業務とその後の保証まで請負います。

調査案

不同沈下の危険性は、地盤調査による数値やデータだけでは判断できないケースもあります。ハウスワランティの地盤保証システムでは、数値はもちろん立地条件・周辺環境・土質なども考慮した、多方面にわたる詳細な調査を提携調査会社に委託しています。

解析・提案

提携調査会社によるデータを解析し、該当建物と地盤にとって最適な基礎仕様をご提案いたします。提案内容にそった基礎仕様の施工を行うことが地盤保証の条件となります。

「第三者」が改良工事の必要性を判断するメリット
地盤調査と改良工事を別々の会社が行うことで、調査データを第三者的な立場で解析・判定することができ、改良工事の必要性を客観的に判断。一つの業者が地盤調査と改良工事を行った場合は安全性がグレーゾーンだったご自宅も、改良工事を行わずに安全性を確保できるケースが格段に増えます。

「第三者」が改良工事の必要性を判断するメリット

対策

客観的な調査によるデータに基づき、当社が適切な地盤改良工事を行います。

保証

保証期間
対象建物引渡し日より10年間。(特約により20年間)
保証額
ひとつの事故に対し最高5,000万円まで。
免責条項
免責金額0円、免責期間なし。
保証内容
建物の不同沈下に対し、その修繕に必要な全ての費用を保証します。

液状化特約の基本的な流れ

液状化特約の基本的な流れ

春秋産業が提携するハウスワランティによる「液状化特約」は、判定結果に即した液状化対策を行った物件を対象に不同沈下に対応。地震に起因する地盤の液状化現象により不同沈下した場合、最高500万円、最長20年間、免責金額0円で保証いたします。

「液状化特約」の基本的な流れ

調査案

液状化判定は、高度な工学的判断が必要とされます。春秋産業が提携するハウスワランティでは、大学インキュベーションなどの研究成果を応用し、地盤調査結果と地域特性を総合的に工学的な視点から判定。自社で行うよりも正確な調査を行っています。

対策

客観的、工学的な判断によって行われた調査結果に基づいて当社が適切な液状化対策工事を行います。

保証

液状化特約は、SS試験による地盤調査とセット申込みが基本です。

第三者機関による地盤保証システム

ソーラーパネル地盤保証システム

ソーラーパネル地盤保証システム

ソーラーパネル地盤保証システム

ハウスワランティでは、ソーラーパネル地盤保証システムという保証制度もご用意。ソーラーパネル設置用の地盤調査を行った土地が不同沈下した場合、原状回復と最高2,000万円、最長20年間、免責金額0円を保証いたします。

ソーラーパネル地盤保証システムの基本的な流れ

調査案

ハウスワランティでは、ソーラーパネル地盤保証システムという保証制度もご用意。ソーラーパネル設置用の地盤調査を行った土地が不同沈下した場合、原状回復と最高2,000万円、最長20年間、免責金額0円を保証いたします。

設計

調査会社によるデータを基にハウスワランティが設計内容を確認。ソーラーパネルを長期にわたって設置しても安全な設計を行います。

保証

保証期間
対象ソーラーパネル引渡し日より20年間。
保証額
ひとつの事故に対し最高2,000万円まで。
免責条項
免責金額0円、免責期間なし。
保証対象
地盤調査をもとにした基礎仕様または補強工事を施した架台を保証対象とします。

春秋産業へのお問い合わせはこちら

  • 03-6452-9121 090-8500-8000
  • 24時間受付! メールでのお問い合わせはこちらから
  • skypeをご利用の方 表示名:amadeusjapan

このページの先頭へ