地盤改良・地盤沈下修正|春秋産業 TOP > 沼地・田んぼの埋立地に家を建てた方へ

あなたのお宅は大丈夫?液状化、地盤沈下を防ぐためにやっておきたいこと

沼地や田んぼなどの近くや河川沿い、また沼地や田んぼの埋め立て地に家を建てられた家主様、地盤調査・地盤改良工事はおすみですか? 沼地や田んぼ、河川などの近くは軟弱地盤であることが多く、液状化、地盤沈下が起こるリスクが高くなっています。今は家の傾きなどが見られなくても、いつ家が傾いてもおかしくありません。軟弱地盤の可能性がある場合は、まずは地盤調査をされることをおすすめします。

軟弱地盤のチェック方法

下記項目に一つでも当てはまる場合、軟弱地盤である可能性があります。早めに地盤調査を依頼しましょう。また、土地に関する情報は、古地図や液状化マップなどから得ることができます。図書館などで資料を見ることができますので、ぜひチェックしてみてください。

もし、軟弱地盤であった場合……地盤沈下修正工事が必要になります。

地盤調査・沈下修正工事のご相談は地盤改良技術センターへ

軟弱地盤の可能性がある場合には、早めに地盤調査をされることをおすすめします。沈下修正支援センターでは、スピーディーで正確な地盤調査、グランドアップ工法による安全・確実な沈下修正工事を行っています。グランドアップ工法は他の工法よりも安全・確実な工事が可能です。ぜひ、グランドアップ工法による工事をご検討ください。

【グランドアップ工法と他工法との比較】
グランドアップ工法
(特注セメントミルク、セメントベントナイト、3号珪酸ソーダを注入し、家下まですべて強固な地盤に改良しながら土地を隆起させ、傾斜した住宅を元に戻す工法)
アンダーピニング工法
(基礎地盤に鋼管杭を打ち込みジャッキアップする工法)
グラウト注入工法
(べた基礎下にセメント系薬液を注入し、固結した薬液の体積とその圧で傾斜した住宅を元に戻す工法)

○

地下約5m~10mの深度から地盤を固めるので、より強固な地盤に仕上がり、効果が持続するので最適!

×

軟弱地盤の土地に杭を立ててもグラグラしてすぐ倒れてしまうのでNG。

×

地下約2~3m程度の深度までしか固められないので、時間が経つと地盤は動いてしまい長持ちしないので、NG。

アンダーピニング工法、グラウト注入工法は再沈下のリスクが高いため、軟弱地盤の施工には不向きです。軟弱地盤の施工にはグランドアップ工法がおすすめです。

  • 施工事例 家主様からご満足の声!地盤改良技術センターが手がけたグランドアップ工法による工事事例をご紹介します!
  • 職人紹介 グランドアップ工法のエキスパート! 公共工事も手がける業界随一の技術を持つ職人が安全・確実な工事を行います!

春秋産業へのお問い合わせはこちら

  • 03-6452-9121 090-8500-8000
  • 24時間受付! メールでのお問い合わせはこちらから
  • skypeをご利用の方 表示名:amadeusjapan

このページの先頭へ